これが世界だ!

トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!

    カテゴリ: ドラマ


    嵐ファン以外は逃げたww相葉君が演技で荒らしてるらしいですよ?ww

    NO.5493035
    巨額予算でも大コケ?『貴族探偵』一桁落ちで関係者騒然
    巨額予算でも大コケ?『貴族探偵』一桁落ちで関係者騒然
    嵐・相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が4月24日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。

    初回は平均視聴率11.8%をマークし、毎回のように低視聴率が話題になる「月9」枠で3期ぶりの二桁発進と期待は大きかかった。

    しかし、その好スタートの一方で「相葉くんの棒演技が酷すぎる」「次から見ない」などと酷評が噴出。

    早くも2話目で一桁に急落してしまったことで「月9の息の根を止める作品」といった声まで上がっている。

    ■初回の“棒演技”で嵐ファン以外は見限った?
    同ドラマは人気作家・麻耶雄嵩氏(47)のミステリー小説を原作に、貴族を名乗る謎の貴族探偵(相葉)が召使いに推理をさせて自分は何もしないという異色の探偵モノとなっている。

    準主役の女探偵役に武井咲(23)、貴族探偵の師匠役に井川遥(40)、メイド役の中山美穂(47)、執事役の松重豊(54)、運転手役の滝藤賢一(40)、刑事役の生瀬勝久(56)、さらにスマホの秘書アプリの音声を仲間由紀恵(37)が担当するなど月9史上屈指の豪華メンバーが脇を固めており、死角はないように思われた。

    ところが、初回は肝心の主演を務める相葉の“棒演技”に酷評が噴出。

    ネット上で「相葉くんの演技が酷すぎる」「ひとりだけ学芸会レベル」「まったく貴族に見えない」「ドラマ面白いのに相葉ちゃんの棒演技で台無し」などと散々に叩かれてしまった。

    豪華な脇役陣の演技が完璧であるために、余計に相葉が悪目立ちしてしまった面もある。

    「決してドラマのデキは悪くなく、原作ファンからは概ね好評でした。さらにF2層(女性35〜49歳)、F3層(女性50歳以上)の支持も高いというデータもある。しかし初回の相葉さんの演技によって、いわゆる”嵐ファン以外”の視聴者が大量に離れてしまったようです。正直、庶民派の相葉さんに貴族キャラを求める方がおかしいので気の毒でもありますが……。また、事件を締める“おいしい役どころ”のはずの中山さんの演技も評判がよろしくない。そういった原因が積み重なり、一桁に急落してしまったといえそうです」(テレビ局関係者)

    役柄と合っていようがいまいがジャニーズタレントが主演、なぜ起用したのかよく分からない老け顔が目立つメイド役の中山美穂。

    いずれも過去の黄金期が忘れられないフジテレビの時代錯誤が生み出したミスキャストといえそうだ。

    ■月9の息の根が止まりそう?巨額制作費で意気込んだ勝負作
    それでも最近のドラマの中では決して低すぎる視聴率というわけではない。

    女探偵役の武井と刑事役の生瀬の掛け合いは人気ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)の仲間由紀恵と阿部寛(52)を彷彿とさせ、視聴者からは「面白い」「二人の掛け合いは最高」などと好評。

    十分に巻き返しは期待できそうだ。

    しかし、すでに「手遅れ」状態に陥ってしまったという見方もある。

    「今作はフジテレビにとって”月9復権”を掲げた勝負作であり、退任がウワサされている同局の亀山千広社長(60)の花道を飾る作品という位置づけ。フジテレビは絶対に外せないと意気込み、国民的アイドルグループ・嵐の相葉さんを主役に据え、本来なら主演クラスとされる豪華な脇役陣をそろえた。出演者のギャラだけでも一本当たり最低2000万円以上が想定され、製作費は1話当たり1億円とも。関係者は当初20%近い視聴率を期待していたので、二話目にして一桁落ちは緊急事態レベル。それだけ破格の制作費をつぎ込んでも一桁が続くとなれば、”月9ドラマ”は本格的に息の根が止まる。今作が大失敗となれば、編成上の大きなテコ入れは必至で、同作の視聴率速報が届いた25日午前中のフジテレビ局内の関係者は騒然となったようです。亀山社長の退任とともに”月9ドラマ枠廃止”の動きは加速するでしょう」(前出・関係者)

    そんな存亡の危機にある”月9ドラマ”枠の次回作は、相葉と同様にジャニーズ事務所の山下智久(32)が主演する予定。

    人気シリーズ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』の第3シーズン(夏クール放送)が公式発表されている。

    根強いシリーズファンがいる同作とあれば一定以上の視聴率は期待できるものの、新規の視聴者を取り込めるのかは未知数。

    また、その後に続く秋クールでは、”ミスター月9”こと元SMAPの木村拓哉(44)の登板が囁かれていたが、近々に木村が長期オフに入ることもあって来年1月にスライドしたといわれている。

    となると、やはり嵐・相葉雅紀が主演を張る『貴族探偵』が月9の命運を懸けた作品なのは間違いない。

    このまま浮かぶこともなく沈んでいってしまうのか、フジテレビが威信をかけて巻き返すのか、歴史あるドラマ枠の大きな分岐点となりそうだ。

    【日時】2017年04月25日 19:00
    【提供】デイリーニュースオンライン

    【2話目で大コケww『貴族探偵』視聴率8.3%まで下がるww フジテレビは首の皮プラプラ状態ww 相葉君への非難が止まらない!!】の続きを読む


    2話目で視聴率落ち込みそうなストーリーww主演は豪華なだけにどうなるかは気になるな!

    NO.5491292
    綾野剛の肉体美で魅了?「フランケンシュタインの恋」11.2%で好発進
    綾野剛の肉体美で魅了?「フランケンシュタインの恋」11.2%で好発進
    綾野剛(35)が主演を務める「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)の初回が23日に放送され、平均視聴率11.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)とまずまずの好発進スタートとなった。

    大学の研究生としてキノコについて調べている津軽継実(二階堂ふみ)と、120年前に父の手で生み出され、そのまま山で暮らしていた怪物:深志研(綾野剛)が出逢い、恋に落ちるというラブストーリーを描いていく同作。

    初回は、出だしこそ医学生の”集団レイプ未遂”というショッキングな映像から始まったが、その後は、研が山を下り、初めて出会う人間界のものたちに目を奪われながらも、継実や稲庭(柳楽優弥)と打ち解けていくという和やかな展開が描かれていた。

    主演が綾野剛と聞いた時は、へび顔で切れ長の目が「フランケンシュタイン」という役柄にはぴったりだと思ったものだが、蓋を開けてみれば想像していた怪物とはほど遠いものだった。

    そもそも、私の持つ綾野剛のイメージと言えば、強面でヤンキーという印象だ。

    だからこそ、ぴったりだと思ったのだが…。

    ただ、今作品に出てくる怪物は、120年間山に引きこもり続け、お気に入りのラジオ番組があり、人間に強い憧れを抱いているというもの。

    いわゆる見た目は怖いけど心優しき怪物という設定だ。

    また、聞いているラジオ番組が面白い。

    研のお気に入りのラジオというだけあって、今後の絡みが気になるところだ。

    ところで、初回一番の見どころと言えば入浴シーンだろう。

    綾野剛の肉体美は悶絶ものだった。

    詰め物でもしているのか?と思うほどに鍛えられた肉体に、ときめた女性ファンも多いはず。

    次期映画のために肉体改造を行っているとは話題になっていたが、映画公開前に見事な逆三角形&シックスパックを拝めたのは、嬉しいサプライズではなかろうか。

    なんだかんだ言いつつも、色々な表情を魅せられて、私の方が綾野剛に恋してしまったかもしれない。

    一方で、怪物ならではの切なさもあった。

    稲庭が継実を後ろから抱きしめるところを偶然見てしまった研。

    感情を抑えられずにいたところを、継実の姉に見つかり、叫ぶのをやめさせようとつい手を伸ばしてしまうのだが、彼の持つ不思議な力がお姉さんを侵食してしまう…。

    まるで、ジョニー・デップが演じた「シザーハント」を彷彿させるシーンでもあった。

    第2話では、姉を傷つけた相手が研だと知った継実の反応が見どころとなるだろう。

    そんなヒロイン役の二階堂ふみにも注目したい。

    彼女もまた、近年は個性派女優というよりもバラエティ番組で見せる不思議ちゃんキャラが先行していたが、今回はビジュアルが神がかっていた。

    今年トレンドのレトロファッションが可愛らしく、「きのこガール」として新たなジャンルを確率させそうな予感だ。

    他にも、柳楽優弥や榎本明、川栄李奈、三石研など脇を固める俳優陣も個性派ぞろいだ。

    今期ドラマの中では、男性よりも女性に好まれそうな作風の「フランケンシュタインの恋」。

    おとぎ話のようなありきたりなラブストーリーにだけは、ならないようにしてほしい。

    【日時】2017年04月24日 20:00
    【提供】デイリーニュースオンライン

    【「フランケンシュタインの恋」視聴率11.2%でまずまずの出だし!「 綾野剛」のシックスパックが魅力!!】の続きを読む


    推理探偵ものは多いから趣向変えなきゃダメなのに違う方向持ってったなwwフジもうダメか?

    NO.5480214
    嵐・相葉雅紀、月9『貴族探偵』滑ってると酷評の嵐
    嵐・相葉雅紀、月9『貴族探偵』滑ってると酷評の嵐
    4月17日、嵐・相葉雅紀主演の連続ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第1話が放送され、平均視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。

    フジ月9枠で3期ぶりの2ケタ発進となったが、視聴者からは「脚本がとにかくつまらない」といった酷評が噴出している。

    同ドラマは、“主人公が推理をせずに謎を解く”という前代未聞のミステリードラマ。

    自ら貴族と名乗り、探偵業をたしなむ男・貴族探偵”を相葉が演じ、武井咲や生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊など豪華キャストが脇を固める。

    第1話では、貴族探偵がパーティー会場の“鬼隠しの井戸”で起こった殺人事件解決に名乗りを上げる……といった内容だった。

    「月9枠の30周年記念作である『貴族探偵』は、“低迷する月9復活の足がかりとなるか?”と、注目を集めていました。結果的には、2ケタの好スタートを切ったものの、コメディタッチのミステリードラマについて、『笑いの部分が滑ってる』『コントとしてみるなら満足だけど、月9ではない』『もっと本格派な推理ドラマを期待してたんだけどな〜』『この脚本は、誰がやってもつまらないドラマ』など、不満の声が多数上がっています」(芸能ライター)

    前クールで放送された『突然ですが、明日結婚します』は、月9史上最低平均視聴率を記録。

    『貴族探偵』は、この悪い流れを断ち切る作品になれるのだろうか。

    「第1話の視聴率が発表されると、ネットからは『社運をかけた月9が初回11%台ってヤバイ』『総力を挙げてPRするほどの意欲作としては、パッとしない視聴率だな』といった指摘が出ていました。2015年に放送された相葉主演の月9『ようこそ、わが家へ』は初回視聴率13.0%だったことも考えると、やはり“物足りない数字”といえそうです」(同)

    同ドラマには「1話で脱落しそう」といった声が続出中。

    第2話の視聴率が急降下しなければいいのだが……。

    【日時】2017年04月18日
    【提供】サイゾーウーマン

    【フジテレビの命運をかけた月9『貴族探偵』主演を嵐の嵐の"相葉雅紀"が演ずるも「純粋につまらない」と酷評の嵐。。】の続きを読む


    "又吉直樹"原作小説「火花」ドラマの視聴率は1%台という大爆死!!「中身スッカスカ」との酷評も?これは映画化も大コケか⁈ についてニコニコの反応

    火花はストーリーにあんまり起伏ないからなおさらねww映画もコケそう。。

    NO.5449072
    『火花』1%台の大コケ!ベストセラー原作でも中身スカスカの酷評
    『火花』1%台の大コケ!ベストセラー原作でも中身スカスカの酷評
    NHKで2月26日から放送されている連続ドラマ『火花』(日曜午後11時〜)。

    第5話までの平均視聴率が2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、大爆死していることがわかった。

    同ドラマは、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が書いた「第153回芥川龍之介賞」受賞作『火花』(文藝春秋)を実写化したもの。

    売れない若手芸人・徳永(林遣都)が、熱海で天才肌の先輩芸人・神谷(波岡一喜)と出会い、弟子入りを懇願する……といったストーリーが描かれている。

    「ドラマ『火花』は、もともとオンライン動画サービス『Netflix』で配信されていたものを再編集して放送されています。話題作が地上波放送されるとあって期待の声が多かったのですが、フタを開けてみれば大爆死。視聴者からは『まったく面白くない。民放なら打ち切りレベル』『日常のくだらない映像の垂れ流し。見る価値なし』と辛らつな声が噴出しています。視聴率は初回4.8%と午後11時台のドラマとしては好スタートを切ったのですが、第2話で2.9%に急降下、第3話は1.5%にまで下がってしまいました。第4話は3.4%と回復したものの、3月26日に放送された第5話では再び2.1%に急落しています」(芸能ライター)

    大ベストセラーの実写化とあって視聴率も期待されていたが、爆死の原因はどこにあるのだろうか。

    「視聴者の感想として『全3回くらいでまとめられる内容』『10回に分けると魅力がなくなるのが、よくわかった』『中身がスッカスカすぎて見てられない』といった意見が多く上がっています。もともと原作小説はストーリーに大きな起伏がなく、比較的静かで穏やかな日常を淡々と描いた作品。ドラマに大切な“次も見たい”と思わせる引きもなく、全10話に引き延ばしてしまったことが低視聴率の原因だと考えられます。また、『やっぱり林くんの演技が残念』『主役をもっと泥臭い俳優に変えるべき』といった声もあり、起伏のないストーリーと、主演の演技力が足りていないことも爆死の要因だといえるでしょう」(同)

    11月には監督に板尾創路を迎え、菅田将暉と桐谷健太のW主演で映画化される『火花』。

    すでに『火花』というコンテンツ自体に「もうとっくに旬は過ぎた」との声もあるが、映画は大コケを回避してくれることを祈りたい。

    【日時】2017年04月01日 10:00
    【提供】サイゾーウーマン

    【"又吉直樹"原作小説「火花」ドラマの視聴率は1%台という大爆死!!「中身スッカスカ」との酷評も?これは映画化も大コケか⁈ についてニコニコの反応】の続きを読む


    『逃げ恥』全面広告にファン歓喜!!についてTwitterの反応


    「逃げ恥」全面広告にファン歓喜「全部買ってきた」 ハグの日にDVDPR - スポーツニッポン
    TBS系で昨年10月クールに放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のDVDが29日に発売されることを受け、28日付の一般紙に全面広告が掲載された。インターネット上では、同作のファンから歓喜の声が上がっている。 「逃げ恥」の全面広告が掲載されたのは、毎日、 ...
    (出典:スポーツニッポン)



    (出典 biz-journal.jp)


    ハグの日に新聞でハグの写真だったな!一般誌の写真まだ見てないから見たいぞ!

    【『逃げ恥』全面広告にファン歓喜!!についてTwitterの反応】の続きを読む
    月別アーカイブ
    アーカイブ
    最新コメント
    Twitter プロフィール
    トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!
    カテゴリー
    Amazonライブリンク
    楽天市場

    このページのトップヘ