これが世界だ!

トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!


    声優『平野綾』銀髪ショートにイメチェンで反響!


    平野綾が銀髪ショートに大胆イメチェン Instagramで公開 - livedoor

    女優、声優として活躍する平野綾が28日、自身のInstagramで、茶髪のロングヘアーから銀髪ショートへと大胆なイメージチェンジを遂げた姿を公開し、反響を呼んでいる。 「シルバーのアシンメトリーボブにしました」と写真付きで報告した平野。40センチ以上も切ったという髪は肩 ...
    (出典:livedoor)


    平野 (ひらの あや、1987年10月8日 - )は、日本の女優、声優、歌手、タレント、ナレーター。愛知県名古屋市生まれ。玉川大学芸術学部中退。Grick所属。 代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ)、『DEATH NOTE』(弥海砂)、『NANA』(芹澤レイラ)、『らき☆すた』(泉こなた)などがある。
    102キロバイト (6,197 語) - 2017年4月21日 (金) 16:10



    (出典 nstimes.com)


    バッサリいったなぁ〜!可愛い可愛い!!

    【声優『平野綾』銀髪ショートにイメチェンで反響!】の続きを読む


    24時間テレビ大丈夫か?ジャニーズどうしようもないな...

    NO.5500004
    NEWS小山はアイドル失格?ファンに下された三行半の現実
    NEWS小山はアイドル失格?ファンに下された三行半の現実
    ニュースキャスターも務めるジャニーズの“優等生”、NEWSの小山慶一郎(32)の言動がファンからの批判を集めている。

    2月中旬頃から、小山にはアイドルグループ放課後プリンセスユースの太田希望(24)の交際疑惑が、TwitterなどのSNSで話題になった。

    2月25日には放課後プリンセス側が「グループのルール違反が発見された」と太田を解雇。

    2人のツーショットやプライベートの音声が流出する一方で、小山は交際疑惑に対して沈黙を貫き通している。

    「そんな小山さんはファンにも愛想をつかされたのかもしれません。4月1日から始まったNEWSのコンサートでバッシングを受けています」と語るのは、NEWSの古参ファンの1人だ。

    「コンサートでファンは好きなメンバーにアピールするために団扇などを自作するのですが、その団扇に”ファン辞めた”や”アイドル失格”など様々な批判的フレーズを書いて小山さんに見えるようにしていました。さらに小山さん中心の歌などの時には、ファンが大勢トイレなどに行くために席を立ったり、ステージからでも分かるように“目に見える形で”抗議していました。それに対して小山さんは、明らかに元気がなくファンに怯えるような表情を見せていた。憔悴し切った印象です」(NEWSファン)

    ■同じNEWSでもなぜ手越は許される?

    こうもバッシングの的になってしまった小山。

    とはいえ、この手のスキャンダルでいえば、同じグループの手越祐也(29)も数々のスキャンダルが報道されている。

    どう違うのか。

    「実際にスキャンダルの数などは手越の方が多いが、手越はコンサートなどで目立った批判は特にされていません。この2人の違いは沈黙を貫き通す小山と、ネットの話題などにもしっかり触れる手越という具合です。手越は有料会員用のコラム“NEWSRING”などで報道などについてコメントをしたりと、しっかりとファンと向き合っている印象。さらにそのコラムやコンサートでもファンに対し“エンジェルちゃんがおれの1番”とコメントしファンからの信頼も厚い。そうしたその地道な信頼の差が出てしまっているのでしょう」(ジャニーズに詳しい芸能記者)

    手越はファンから「フライデーに連載を持っている」とまで言われているが、持ち前の愛されキャラで得た信頼は厚い。

    ニュースキャスターを務める小山も真面目なキャラもいいが、芸能稼業はファンあってのもの。

    軽薄ながらもツボをおさえた手越式に、シフトチェンジしてみてはいかがだろうか。

    【日時】2017年04月29日 08:01
    【提供】デイリーニュースオンライン

    【NEWS小山完全オワタwww"乱行事件"からファンに猛烈バッシング!本人は憔悴....】の続きを読む


    痛い痛い痛い(汗)

    NO.5498647
    噴水が女児の股間直撃する事故 陰部から大量出血 大阪
    噴水が女児の股間直撃する事故 陰部から大量出血 大阪
    大阪府大阪市西区靱本町にある靱公園で、女児が人工池の噴水で遊んでいた際、噴水の水が股間に直撃し重傷を負っていたことがわかりました。

    発表によりますと2016年6月ころ、大阪市西区靱本町の公園「靭公園」の人工池で、父親(38)と遊んでいた女児(4)の股間に、勢いよく出た噴水の水が直撃したということです。

    当時、女児はパンツ姿で人工池で遊んでおり、水中に設置されてある水の吹き出し口をまたぐようにしてしゃがんでいました。

    水が噴射した直後、女児は股間の痛みを訴え泣き始め、パンツには大量の血がついていた模様。

    その後、父親と付近にいた母親はタクシーで女児を病院に連れて行きましたが、この病院では止血できなかったため、別の病院に救急搬送されました。

    その後、女児は搬送先の病院で止血手術を受け、4日間入院しました。

    女児の手術をした病院の医師(33)によりますと、女児がはいていたパンツは破けておらず、出血の原因となった傷は、噴水の水が直撃したことによる、陰部の中の傷だったということです。

    また、陰部の中から異物などは見つからなかった模様。

    また、医師は「水の噴き出した角度・水圧・噴き出し口の距離などの条件が重なったことが原因と思われます」などと話しました。

    靭公園の人工池は深さ約20で、水柱を作る噴水が一定間隔で噴き出していたということです。

    靱公園を管理する公園事務所は、人工池の立ち入りを禁止しており、付近には張り紙で注意を促していました。

    この事故に対してインターネット上では「処女膜貫通したってこと」「処女膜を4歳で失ったのか・・・」「このから噴水で遊ぶ子供が増えるから気を付けないと」「陰部に直撃は痛そう」などと様々な声が多数見られました。

    この事故を受け公園事務所は、この人工池の水圧を下げたということです。

    【日時】2017年04月28日 17:23
    【提供】ニュース速報Japan

    【"股間直撃し出血"公園の噴水が女児の股に直撃する事故で女児重症....】の続きを読む

    このページのトップヘ